一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト
| - | - | - |
月に一度、生理の始まる頃、私は本当に理由もなく、ただただ抱きしめられたくなる。体を合わせるんじゃなく、抱きしめられる、ということ。
これは、女性ホルモンの分泌が関係しているらしい。


心の持ちようなのではなく、本当に理由もなく起こること。
頭が(脳の出す信号が、かもしれない)勝手に「どうしても今、暖かい手で抱きしめられることが必要だ」と訴えるのです。
あれだ、よく言われる、生理前には情緒不安定になるっていうのもたぶん、この女性ホルモンの分泌が関係しているんだろう。


これは恋や愛とは関係ないもので、人と関わることで生まれる信頼や愛情とはまったく別の位置にあるもの。
ただのホルモンの作用で、きちんと去っていく感情なんだと、ようやく悟れるようになってきた。

こういう時、肝要なのは誰かの手を煩わせてはいけないということ。
たとえ彼氏であっても誰かの手を求めてしまうと、この時の自分は相手に
何も与えられないから、一方的によりかかることになってしまう。
一時とはいえ、相手に重荷だけを強いる。
これは後ろめたくてみじめだし、何よりも危険なこと。


こうして文字にしたりして何とか気をそらす。
一気に覆いかぶさってくる寂しさで、わけもないのに泣きそうになりながら。
やりすごす方法を見つければ、ちゃんと去っていくんだからと言い聞かせているうちに、波がやっと引いていく。

それにしても人って、なんて面倒で愚かでわかりづらい感情を内包しているんだろう。
やりすごす夜
| 私の視点 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://ordinary.jugem.cc/trackback/35

space RECOMMEND
泣く大人
泣く大人 (JUGEMレビュー »)
江國 香織
心に沁みこむ言葉が、たくさんたくさんありました。
space NEW ENTRIES
space RECENT COMMENTS
space RECENT TRACKBACK
space CATEGORIES
space ARCHIVES
space LINKS
space PROFILE
space OTHERS